ブログで自由を手に入れたシングルマザーのり子の在宅ネット生活

シングルマザー生活便利帳 ひとり親家庭のサポート本


このブログを始めるにあたり、書籍や離婚・夫婦円満マニュアルなど何冊か読みましたが、

この本はとてもためになります。

『シングルマザー生活便利帳』

のり子が離婚した時はまだネットも一般的やなかったし

パソコンも持ってなくて情報ってここまで収集できひんかったなあ。。

 

正直、役所でくれる「ひとり親家庭のしおり」だけの情報では役不足です。

地域によってもかなり格差があるねんて。

 

今になっていろいろ読んで知らなかったことがいくつもありました。

シングルマザー生活便利帳:著者の新川てるえさんは なんと2バツ。(2回離婚してるってこと)
その経験を生かして今はネットでも「母子家庭共和国」を主宰、その後は
NPO法人としてWinkを設立、子供の健全育成、悩める女性達のために
多方面で活躍中の女性です。

 

この本の中でも、ママの悩みに対して説得力のある言葉でアドバイスされています。

分かりやすく、深い愛情を感じます。

こんなん実際の経験とサポートの実績がないと言えないことです。

心に響きますよ。

 

ネタバレになるけどひとつ例を挙げます。のり子が1番印象に残ってんのは

弟6章「シングルマザーのお悩み解決」では、ひとり親Q&Aがあるねんけど、

 

質問「パパがいないとかわいそうな子になりませんか?」

これ、シングルマザーから聞かれる最も多い質問なんですって。せやろなあ。

 

ここで答えを子供に伝えるとき、一番大事なのは親の気持ちなんだそうです。

「言葉は、近い人には意味が20%、感情が80%で伝わり、

遠い他人には意味が80%、感情が20%で伝わる」

意味わかりますか?

 

近い人とは、すなわち親しい人・身内のことです。

近くにいる人ほど言葉の意味より 発した人の感情の方が先に伝わって

悲しくもなるし 傷ついてしまうこともある。

でも、逆にあたたかい感情もストレートに伝わってくるから感動する”ジーン”とくるねん。

そんな経験あるよね^ ^。

 

子供でも、言葉の意味は分からなくても、
ママの気持ちは自分の中に流れてくるんと違うかな?

なんとなく分かってるんです。

 

私は、どうやったやろ。どういう風に伝えていたかな・・。

 

この質問で、一番良い答え方は「離婚と言う自分の選択はベストだった」って

前向きな気持ちで伝えることなんやって。親がマイナスな感情を持って言ってしまうと

正論を言っているつもりでも、子供にはマイナスな感情が先に伝わり

「自分は悲しい子」なんや・・と思ってしまうんやて。

 

だから、もしママの心がプラスになっていないなら、無理して言うことないの。

「もう少しママに時間をちょうだい・・その時が来たらちゃんと話すからね」って

正直に話して プラスにできるよう努力してみてくださいと書かれていました。

 

泣きそうになりましたわ。* 。 +゜。・゜・(ノД`)。。

 

この本は持ってたらええと思うよ。

父子家庭・シングルファーザーにも役立つ情報があります。

 

本の内容は大きく分けて3つ。

シングルマザーの仕事・選び方・働き方からキャリアアップ

・11業種のシンママに聞いた就職のポイントと職場の実態。

シングルマザーの生活

・離婚後の住居シミュレーション

・家計簿診断 サンプルでやりくりアドバイス。

・年金と保険の基礎知識

・住まい

持ち家・賃貸・実家を選ぶ前におさえておきたいポイント。

母子寮、緊急避難所紹介の現状(体験談)

育児と仕事両立のツボ(預け先とか制度)

・保育所以外にもこんなサポート♪

利用できる福祉制度

・児童手当・児童扶養手当

・生活保護

・母子寡婦福祉資金貸付金

・養育費の取り決め

その他、

シンママさんによくあるお悩み問答集

相談できるところ(法律相談・女性センター活用法・カウンセリング等)

おまけに養育費の算定表がついて これまたびっくりや!

 

ひとり親家庭のサポートブックとして内容の濃い一冊です^ ^。

shinglemoterbeiri1

お買い求めは↓Amazon
シングルマザー生活便利帳 (ひとり親家庭サポートBOOK)

あるいは、楽天ブックス↓で見てください。
【送料無料】シングルマザー生活便利帳 [ 新川てるえ ]

ものすご勉強なったわw

 

今出てる「シングルマザー生活便利帳」実は改定して復刻されたもので
ずっと前からあったんやて。もっと早く読めばよかったなぁ。

amazonユーザーからの評価も高いです。

hituji

line

これまでのお話に興味のある方は

シングルマザーのり子のお仕事探しから読んでください。

のり子のハチャメチャ体験談が満載です^ ^

 

line

☆今日もママチャリでゆくブログ村。

     ↓  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ

にほんブログ村

Sponsored Links
↓↓応援してくりぃ~

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。