ブログで自由を手に入れたシングルマザーのり子の在宅ネット生活

日記

猫を吸う女  猫のにおいを嗅ぐとなぜか癒される

母との同居生活が始まってからは新聞を購読するようになりました。 うちは読売新聞です。いろんなコラムを読むのが楽しみなのですが、読売新聞では『ペットらいふ』というコーナーがあって、今、坂本美雨さんの愛猫との交流を語る「交遊録」が掲載されています。 5月16日がその2回目。 『吸って愛…

猫の里親への厳しい条件その裏には?

猫のいる暮らしに憧れ数十年、やっとその生活を手に入れ、目下のところ猫さん中心の生活です。 ふわふわの毛と、しなやかな体を見てると、たまらず抱きしめたくなりますにゃ。むぎゅー!とね。 それにしても、今どきの猫事情というのは、私が子供の頃に見ていた猫のいる光景とは違って、随分進化したんですね。 …

寒中お見舞い申し上げます

喪中につき、新年のご挨拶はご遠慮させていただきましたが、それにしても随分とご無沙汰してしまいました。 昨年はとにかく、生活環境が激変し慌ただしいだけの1年でした。 どーにかこーにか、11月に新居へ引っ越し、新年を迎えやっと落ち着いて来たかな?というところです。 本業はボチボチ程度に…

いやしの猫の写真展『猫の森』八尾西武にて

猫ブームに乗って写真展が大盛況! 八尾西武百貨店が来年、2017年の2月をもって閉店するというニュースが流れ、とても寂しい思いでいっぱいです。 建物はどうするんだろ?と先々のことがとても気になるのですが、そんな中、"いやしの猫の写真展『猫の森』"というイベントが行われています。 先着2…

一週間で8割捨てる技術~ミニマリスト筆子の断捨離

筆子ジャーナルが断捨離本になった! 書籍出版おめでとうございます。 『一週間で8割捨てる技術』の著者である筆子さんは、このブログにもよくコメントいただいております。 同世代でもあり、ブログライフを共にしてきた同志です。それにしても自分のブログが書籍化されるなんて、ブロガーの憧れですよね…

年賀状のやりとりをやめたい義理年賀の止め方とタイミング

義理だけの年賀状をやめたい 今年もあっという間に12月、そろそろ年賀状の受付がはじまります。 年賀状を出す人は年々減少していると言われていますよね。 郵便局に勤めている人は年賀状の売り上げノルマが課せられていて、自腹購入(自爆営業)していたとかいうニュースを見たことがありました。 今…

大変よくできました

読書感想文の書き方について真面目に語ってみる

読書感想文をスラスラ書くには、良い本に出会うことが1番です。"この本とってもおもろかったよ!どんな話かと言うとね”ってな風に、お友達にもおすすめできるような本なら感想文は簡単に書けます。感想文とは、自分の意見を書くことです。そして自分の体験したことを物語に関わらせることで文章が生きてきます。 …

読書感想文がスラスラ書けちゃう本 amazonド えもん amazon

親子で使えるドラえもんの読書感想文がラクラク書けちゃう本

夏休みの宿題と言えば、「読書感想文」を最後の最後に残している人は今ごろになって焦りまくってるんじゃないでしょうか。Amazonレビューを漁っていたりしませんか?(笑) 原稿用紙を広げて机に向かってはみたものの、ただの一行も浮かんで来ないとか、誰もが通る試練なんです。 昔は私も苦手でしたね…

第二図書係補佐 ピース又吉

第2図書係補佐ピース又吉がサッカーで見せたマテウス並の精神力が凄すぎる

芸人であり作家という肩書を持つ又吉さん。申し訳ないけど、ピースの漫才もほとんど見たことがなく、どちらかという相方の綾部さんの方がテレビ番組の司会や、ワイドショーで見ることが多かったです。好きな芸人でもなんでもなかったですが。しかし、又吉さんの火花が話題になり、そして本を読んだところで"又吉直樹"とう…

火花の本ピース又吉

ピース又吉「火花」が期待以上に面白い

話題の火花読書してみた。感想は◎ 芥川賞を受賞する前は、本屋さんに行けばいつでも買える状態だったのに、受賞してからは店頭からもネットからも消えてしまった本『火花』。 遅ればせながら読ませていただきました。しばらくの間「花火」だと思ってたかも(≧▽≦) "火花"が正解ね。 ”芸人が書いた本な…

のり子パワーの源です

ブログランキング・にほんブログ村へ
↓↓シンママさんたちの日常がココに

▼ブラウザのお気に入りに追加できます。
 

母子家庭のサポート本

みんなのブログ写真

つぶやきをお聞き