ブログで自由を手に入れたシングルマザーのり子の在宅ネット生活

母子家庭になって大変だったことってなんですか?

Pocket

なんと、インドネシアの学生さんからメールをいただきました。

母子家庭のことについて今論文を書いているそうです。いろんなことを教えて欲しいと依頼を受けました。

もちろん引き受けました。

 

☆ちなみに、関心を持たれたのはこの記事です。

児童扶養手当にありがとう。今までお世話になりました。

 

ところで、↓人気ブログランキングには英語版があるのをご存知でしたか?

Rebirth of Noriko single life

私は今まで知らなかったのですが、のり子Rebirthブログ記事が全部英訳されます。

大阪弁はどんな風に訳されてんのか不安はあるけど(笑

 

今回メールくれはった学生さんは、

多分そこからいらっしゃったのだろうと思われる。

 

そこで、ズバっと聞かれたのですが

すごくいい質問だなと思ったので ここでシェアします。

 

「母子家庭になって経済的なこと、育児に関して

大変だったことは何ですか?」

むちゃくちゃストレートです。でも今までココでは書いてなかったかな?

 

私の答えは・・

母親一人で子供を育てるのはとても大変です。 大変だったこと1つずつ書きますね。

1、お金がなくて困っていました。

今は、自分で稼いでいるので大丈夫。でも昔は苦しかったです。

別れた夫からはお金を貰っていませんでしたから。 それは夫にもお金がないからです。

 

今もお金ないです。

今まで全く貯金ができなかったし、子供の大学への費用を捻出するのが精一杯です。

 

2、悩みごとができた時が不安。

やっぱり誰かに相談したり 助けてもらいといと思うことがありました。

お友達とか、親には言えないこととか  そんな時、お父さん(夫)が居てくれたらいいなと思うことがありす。

他のご家庭がとても羨ましいと思う瞬間です。(涙

 

3、父親がいないことで受ける子供への心の影響。

娘は自分には家庭に父親が居ないことで、精神的に辛い思いをしています。

私もそれを見るのがたまらなく辛いです。

小さい時は、父親とは定期的に会っていましたが今はほとんどないです。

ですので、父親の愛を十分に受けていません。本人は愛情には飢えていると思います。

表には出しませんが。

どうしてあげることも出来ません。 だから、私も心が苦しいです。

 

4、老後の心配。

自分が年をとって、子供が結婚して家を出て行ったら 私は一人で寂しいと思います。

貯金があまりないので経済的な心配もあります。

 

5、自分の時間がなかった。

母子家庭のお母さんはみんな 子育ても、仕事もなんでも一人でします。

時間に追われて大変だと思います。

また、子供が小さいと職探しも大変やけど、子供が熱出した時が困りますねぇ。。

会社にも迷惑かけるけど、休んだ分、給料が減ります。

ほとんど毎月何かで休むような感じですわ。。

 

5つも書いてしもた^ ^;

でも、いろんなしんどいことあるよねえ?

 

インドネシアの女性は自分のお仕事のほかに

なんとファッション関係でオンラインビジネスをしているそうです。

それって、アフィリエイトのことやろか?それともネットショップかな?今度聞いてみよ。

 

それにしても、のり子ブログもグローバルになったもんや(笑

ブログってええねえ♪

kazehanashindenRebirth300

line

これまでのお話に興味のある方は

シングルマザーのり子のお仕事探しから読んでください。

のり子のハチャメチャ体験談が満載です^ ^

line

☆今日もママチャリでゆくブログ村。

     ↓  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ

にほんブログ村

Sponsored Links
↓↓応援してくりぃ~

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

  1. こんにちは。
    うちも母子家庭でした。
    ただしそうなったとき、私はもう大きくて14歳、弟は小6でした。
    それとうちは死別。家もあったので、母は私が18歳になるまでそれまでやっていた内職を増やす形で暮らしていました。
    そのあと保険のおばさんになりました。
    で、思ったんですけど、死別と離婚で母子家庭の支援制度って違うんでしょうか?
    知りたい人もいるかもしれないなと思ってコメントしました。
    これからも更新楽しみにしています^^

      • のりこ
      • 2013年 4月 05日

      >死別と離婚で母子家庭の支援制度って違うんでしょうか?

      同じですよ。
      でも、死別の場合は「遺族年金」というものが
      もらえるはずですが、父親の年齢とか条件があったと思います。

      児童扶養手当も受けられますが併給はできないようですね。
      遺族年金がもらえない場合は児童扶養手当が受給できます。

      お母様は大変なこと たくさんあったと思うよ。
      これから支えてあげてくださいね。

      いつも ありがとう^ ^
      頑張って更新するよ~♪♪

  2. のり子さん、こんにちは(^0^)ノ

    英訳版かあ・・・知りませんでした。

    ほんと、ブログ(ネット)ってグローバルですね。

    のり子さんも、ほんと頑張り屋さんなのに、

    苦労語りしても暗くならず、ひたむきに生きているところが

    すごく素敵だなって、いつも思っています^^

    お慕い申し上げてますよ~♪

      • のりこ
      • 2013年 4月 05日

      こんにちは。

      「のり子さんも、ほんと頑張り屋さんなのに、

      苦労語りしても暗くならず、ひたむきに生きているところが

      すごく素敵だなって、いつも思っています^^

      お慕い申し上げてますよ~♪」

      誉め過ぎ・・^ ^;
      恥ずかしいけど めちゃくちゃ嬉しい!励みになります。
      もっとガンバロ!

      私は月子さんの愛情あふれる言葉に いつも癒されています。
      ほんまにありがとう m( __ __ )m

  3. おぉ!英語版、知らなかったです~。

    3がいちばん気になるところです。
    うちは旦那さんがバツ1なので、
    前の奥様のところにいるお子様のことが・・・。
    上の子はもう成人するくらいですが、
    下の子はまだ中学生とかじゃなかったかな。

    もっと会いに行ってあげればいいのに、と
    私は思ってるんだけどな。

    独り言みたいなコメントになってしまいました(^^;

    これからも楽しみにしています^^

      • のりこ
      • 2013年 4月 05日

      やっぱりしらんかった?^ ^

      3番は今日の記事にも書いたから
      ぜひ読んでみてね。

      Nicoさんとこもそんな事情があったんですね。
      多分、旦那さん気つかってるのもあるんとちゃうかなあ?
      今の家族を大事にしたいっていう気持ちが1番やと思うけど。

      >独り言みたいなコメントになってしまいました(^^;
      いえいえ!とっても嬉しいコメントです。
      どんどん言いにきてください。
      Nicoさんも忙しい中すごい頑張ってるね。
      しんどい時はブログ休んでください。

      >これからも楽しみにしています^^

      ハイ。頑張って更新していきたいです。
      ありがとうございました。m( __ __ )m