ブログで自由を手に入れたシングルマザーのり子の在宅ネット生活

半日断食は便秘になりやすい?

Pocket

半日断食をすると便通の良い人が便秘になりやすいかも

甲田式半日断食のメリットは、先の記事に書きましたが、困ったことが一つあります。

それは便秘です。スタート当初はよく出てたんですが、一週間を過ぎたあたりから今度は逆に、出なくなってしまいました^ ^;

どーいうことじゃ?

甲田先生の本によると胃腸の弱ってる人は、半日断食を始めると便秘になりやすいと書かれていました。

胃腸が弱いのかどうかは明らかではありませんが、食べた後に胃が痛くなることも何回かありました。関係あるのか?

私はもともと毎日必ずお通じがあったので、半日断食を始めてなぜ便秘になるのか不思議でたまりません。1週間に1日くらい出ない日があります。

出てもいつもより出る時間が遅い。半日断食のスケジュールとしては、午前中は食事を摂らず排泄の時間にするのですが、午前中に出すのが難しいのです。

便秘になっているからといって、溜まっている感はなく、気持ち悪くはないです。

単純に食べる量が減った分、出るもんも少なくなったのかなと思えるのですが、宿便を溜めてしまっていてはデトックスの意味がないので、そこが少々不安であります。

続けていると便秘は解消すると書いてあったのですが、1か月経って今のところ改善はされません。生野菜が足りないのかなあ?

そこでヨーグルトを積極的に食べるようにしています。

 

半日断食の食事

甲田式の半日断食推奨の食べ物は、主食が玄米、生野菜、豆腐、生水、柿の葉茶です。

痩せて当然と思われるメニューですが、私も先日から玄米食も始めました。おかゆにしたり、あずきを入れたりして食べてます。

甲田先生は、玄米を”生”で食べることをすすめられていますが、そこまでいくと原始人レベルですよね。

乳製品、炭水化物、肉はできるだけ控え、豆腐や生野菜中心の食事が理想。

生野菜は納得できるのですが、乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト)を控えるのは動物性たんぱく質がダメなんでしょうか?

便秘がちになってしまった私はヨーグルトを毎日とっていますけど とってる割にでないなあ。

 

半日断食のデメリット

便秘以外の半日断食のデメリット、もうひとつはメンタル面です。

私はまだ始めて間もないので、頑張っていられるかもしれないですが、なんらかのきっかけで精神力が途切れた時がこわいですね。

きっとまた食べ過ぎでリバウンドします。

ダイエットに挑む人は食べることが好きなはずで、空腹に耐えるということが最大のストレスになる可能性が大ですよね?

甲田先生は空腹感が幸福感、いつか快感になると言ってました。私はまだそういう境地には達しません。やっぱり減るもんは減ります。食べたいです。。

 

ですが、こうして体重が目に見えて減っていくのが見えると嬉しくて、もっと頑張ろうという気持ちにはなります。

それで、空腹感も我慢できますが、空腹を感じなくなってしまって 快感になってしまったら、どんどん食が細くなってしまうのも、これまた危険だなと思いました。

自己管理が難しいかも知れません。無理は禁物です。

 

半日断食は危険?

甲田先生の本を読んでいると、断食はアレルギー、生活習慣病が治って健康になれる、全てにおいて良いことばかりだと書いてあります。

半日断食はお試し程度のもので、最終奥義は本断食です。本断食は、まる1日水以外はなにも食べない絶食です。

脱毛症にも効くとか、効果は絶大だけど、素人は安易に手を出さず医師の指導の下でやるのが望ましいそうです。

本を読んでいて疑問に思うことは、食について、人は「なんのために食べるのか?」です。

私は食べることが好きなので、この点については どうなのかなと賛成できない部分ですね。

食べるからお腹が空く、食べなくても生きていけるんだ、ともすると食べることに罪悪を感じてしまう人は居ないのだろうか?

人間は他の動物とは違います。いろんな好奇心、探求心を持って自分で工夫し、おいしく食べる喜びもあっていいと思うし、そこで得る幸福感はなにものにも代えがたいものです。

ただ生命を維持するためだけ、健康のために食べていればいいと捉えてしまうと、私は、どこかでおかしくなりそうな気がして怖いです。

なので、私はゆるくてもいいのでマイペースで断食ダイエットを継続します。

Sponsored Links
↓↓応援してくりぃ~

ブログランキング・にほんブログ村へ 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。