ブログで自由を手に入れたシングルマザーのり子の在宅ネット生活

猫を吸う女  猫のにおいを嗅ぐとなぜか癒される

母との同居生活が始まってからは新聞を購読するようになりました。 うちは読売新聞です。いろんなコラムを読むのが楽しみなのですが、読売新聞では『ペットらいふ』というコーナーがあって、今、坂本美雨さんの愛猫との交流を語る「交遊録」が掲載されています。 5月16日がその2回目。 『吸って愛…

ニャエラ 猫雑誌

ねこ雑誌「NyAERA(ニャエラ)」を読む

アエラ(AERA)じゃないです。ニャエラです。 猫を飼うようになって、いくつか本を読みました。空前の猫ブームが来ていることもあって、雑誌や本もいろんなものが出版されていますね。 婦人雑誌の『私自身』ならぬ『猫自身』ってのもあったりと、ここまで来たのかと驚きました。そして「AERA」からも『「…

猫の里親への厳しい条件その裏には?

猫のいる暮らしに憧れ数十年、やっとその生活を手に入れ、目下のところ猫さん中心の生活です。 ふわふわの毛と、しなやかな体を見てると、たまらず抱きしめたくなりますにゃ。むぎゅー!とね。 それにしても、今どきの猫事情というのは、私が子供の頃に見ていた猫のいる光景とは違って、随分進化したんですね。 …

寒中お見舞い申し上げます

喪中につき、新年のご挨拶はご遠慮させていただきましたが、それにしても随分とご無沙汰してしまいました。 昨年はとにかく、生活環境が激変し慌ただしいだけの1年でした。 どーにかこーにか、11月に新居へ引っ越し、新年を迎えやっと落ち着いて来たかな?というところです。 本業はボチボチ程度に…

母と同居することになりました。

やばい、ここもすっかりご無沙汰しちゃったなあ。 いやはや、今年は父の入院に始まって私の生活が一変してしまいました。 7月に父が亡くなってすぐ、母から「同居せえへんか?」と話を持ちかけられ、あれよあれよという間に引っ越しが決まり、今月末から母との同居生活が始まる予定です。 母は随分前…

お葬式の前にこれだけは準備しておきたい

「お葬式代くらいは残して死んで」とはよく言ったものです。が、正直、お葬式代だけじゃ足りないです。 父が亡くなってから、我が家ではいろいろな問題にぶつかっておりました。 身内が亡くなった直後に必要なものは「お金」と「印鑑」 身内の死に立ち会うことって、とても悲しいことではありますが、家族が故…

いやしの猫の写真展『猫の森』八尾西武にて

猫ブームに乗って写真展が大盛況! 八尾西武百貨店が来年、2017年の2月をもって閉店するというニュースが流れ、とても寂しい思いでいっぱいです。 建物はどうするんだろ?と先々のことがとても気になるのですが、そんな中、"いやしの猫の写真展『猫の森』"というイベントが行われています。 先着2…

最後だとわかっていたなら、伝えたかったこと

私が父にかけた最後の言葉は「また明日来るからね」です。 でも内心、今日が最後になるかも知れないとは、常に思っていました。 最後の1週間は特にね。 「今までありがとう」とか「大好きでした」とかは、結局父が生きてるうちには言葉にして伝えることができず、今になって父の写真に向かい話かける…

父が天国へ行ってしまいました。

5月の末から入退院を繰り返していた父が、先週亡くなりました。 今日で一週間になります。82歳でした。 入院当時の様子は記事にもしましたが、あの時はまだ元気があって、まさかこんな急に様態が悪くなるなんて思ってもみないことでした。 ただ、年々細く、弱々しくなっていく父の姿を見ていて、な…

父退院、初めての介護タクシー

父が退院しました。入院からほぼ1か月、認知症のような症状が出ていて心配したのですが、日に日に改善され、今はほぼ入院前の状態に戻りました。 戻ったと言っても、80歳を過ぎてますので記憶力の衰えは進んでいて、住所や電話番号は前から100%正しくは言えなかったらしいです。 介護タクシーを利用してみ…

のり子パワーの源です

ブログランキング・にほんブログ村へ
↓↓シンママさんたちの日常がココに

▼ブラウザのお気に入りに追加できます。
 

シンママのり子です。

シングルでもアラフィフ人生満喫中。
のりこ
⇒もっと詳しく自己紹介

母子家庭のサポート本

お札に好かれるお財布♪